クラウドファンディング どりサポ®へはこちらをクリック

ノブ・ハヤシ、大谷貴子/白血病患者支援
「アスリート仲間から続々」#3

女性白血病患者に我が子を抱く幸せを知ってもらおうと立ち上がった格闘家ノブ・ハヤシ(42)と全国骨髄バンク推進連絡協議会顧問の大谷貴子(59)。2人が支援集めの舞台に選んだクラウドファンディング「どりサポ®」が9月27日にスタートし、さっそく上原浩治やピーター・アーツらスポーツ界のレジェンドたちから共感のメッセージが寄せられた。

「サポートしていきます」

「ほとんどの女性は『この手に我が子を抱きたい』という夢を持っています。私も女性の一人として、(白血病)患者の皆さんにその夢を未来の希望として描き、現実にしてもらうため、たくさんサポートしていきます」

「どりサポ®」最初のクラウドファンディング「パパやママになる幸せを白血病患者と家族に」で、紅一点のスペシャルサポーター山田幸代(38)が動画メッセージで語った患者支援への決意表明だ。

ラクロス界初のプロ

山田は日本初のプロラクロスプレーヤー。ラクロス界では第一人者だが、知らない人も多いだろう。ざっと経歴を説明する。

生まれは1982年、滋賀県。中学でバスケットボールを始め、高校では1年時からレギュラーで活躍し、3年連続で全国大会に出場。主将も務めた。

大学でラクロスに転じ、バスケットで鍛えた判断力や瞬発力、根性で頭角を現すと、2005年にはワールドカップの大舞台を踏み、2007年9月にプロ宣言した。翌年には世界トップの豪州リーグに単身乗り込み、体格や生活、言葉の壁を越えて、見事、同国代表選手に選ばれた。

現在は早大女子部の指導など、ラクロスの普及とレベルアップに奔走する。持ち前の旺盛な好奇心でいろいろな競技のトップアスリート相手のインタビューも回を重ね、上手に相手の本音を引き出している(山田幸代オフィシャルサイト「Happy対談」)。

社会課題にも関心

関心の先は社会課題にも向く。その一つが今回のクラウドファンディングのテーマである「卵子保存」だ。

「卵子保存は女性アスリートの間でよく話題に上がる」とも。実際、女子スノーボードアルペン・ソチ五輪大回転銀メダリストの竹内智香(36)がブログで自身の卵子保存を公表し、大手マスコミにも取り上げられるなど反響を呼んだ。

「アスリートも発信を」

卵子保存が若い女性白血病患者に辛い闘病への勇気と未来への希望を与えること、ただ高い費用を賄えず保存を断念する患者もいること、患者が断念しなくていいように全国骨髄バンク推進連絡協議会の「こうのとりマリーン基金」があることは、この問題をライフワークとする顧問の大谷貴子(59)から直接聞いて認識を深めた。患者救済に人生を捧げる大谷に感銘もした。

山田は「アスリートたちもこういう社会課題を発信し、白血病の人がパパやママになるための支援の輪が広がればとてもうれしい。私も微力ながら応援します」と約束。新たな発信力を求めていた大谷を感激させた。

彼女たちの詳しいやり取りはYouTube「どりサポCROSS TALK」のPART2「アスリートが広げる難病支援の輪」でご覧いただきたいが、PART1「スーパーアスリート対談」でのノブと山田の対談もなかなか面白い。

それぞれの競技で世界最高レベルの国に武者修行に出た者同士。ノブは高校まで空手を学び、卒業してオランダに。ピーター・アーツ選手ら多くの一流格闘家を輩出したドージョー・チャクリキの門をたたいた。

「こいつ、やるな」

MC役の山田が「チャクリキで一番大変だったことは」と聞くと、ノブは「格闘技などまったく知らない僕は入門たった2日目で本格的なスパーリングに放り込まれたんです。ボコボコにされました。それが一番しんどかった。向こうは僕がどこまで本気なのか、試してみたのですね。ボコボコにされても僕は逃げなかったので、『こいつ、やるな』と認めてくれたのだと思います」とエピソードを披露した。

「どりサポCROSS TALK」は3部構成。山田、ノブ、大谷のほかに意外な飛び入りも現れて中身は濃い。その紹介は次回に譲る。

(敬称略)

#4に続く

最初から読む(#1)

山田幸代オフィシャルサイト

https://sachiyoyamada.com/

YouTube「どりサポCROSS TALK」はこちらから。

▽PART1「スーパーアスリート対談」 

▽PART2「アスリートが広げる難病支援の輪」

▽PART3「元白血病患者への素朴な疑問」

クラウドファンディング「どりサポ®」へはこちらからどうぞ。上原浩治さんやピーター・アーツさん、その他の方々の動画メッセージも視聴できます。

https://www.dorisapo.com/

取材協力:

全国骨髄バンク推進連絡協議会

https://www.marrow.or.jp/

ドージョーチャクリキ日本

http://www.chakuriki.jp/