クラウドファンディング どりサポ®へはこちらをクリック

ノブ・ハヤシ、大谷貴子/白血病患者支援
「ママになる喜びを患者に」#10

元K-1ファイターで現役格闘家のノブ・ハヤシ(42)。かつて闘病のベッドから「日本にも骨髄バンクを」と叫び、実現への原動力となった大谷貴子(59)=全国骨髄バンク推進連絡協議会顧問。「どりサポ」でもおなじみの両者はともに骨髄移植で白血病を克服し、今はそれぞれの道で白血病患者を助けている。互いに尊敬しあう間柄だが、違いもある。ノブはわが子を抱く幸せを知り、大谷は知らない――。そんな2人が今度は同じ舞台に立ち、若い女性患者の妊娠支援に向かう決心をした。

(全16回連載)

「うちで講演を」

大谷貴子と北折健次郎が桑山正成の協力で進めようとした女性白血病患者の卵子凍結保存プロジェクト。しかし、医療界に正面からぶつかっても反応は冷たかった。そこで大谷はからめ手から独特な策に打って出た。

大谷は母・巻江からの骨髄移植で生還した元白血病患者で、しかも骨髄バンク誕生の立役者。彼女しか話せない経験や提言を聞こうと、学会や病院などいろいろな医療関係の団体から「うちで講演してください」「シンポジウムのパネリストに」といった要請が舞い込んだ。往時は大小合わせ、年間300件を優に超えた。

北海道で講演する大谷さん(1996年9月)。頼まれれば全国どこでも必ず足を運ぶ。
北海道で講演する大谷さん(1996年9月)。頼まれれば全国どこでも必ず足を運ぶ。

大谷は「喜んで伺います」とすべての依頼を引き受け、こう付け加えた。「実は私からもお願いがあります。女性患者の卵子保存について話す場が欲しいのです」

「しめた。文句なし」

そこにはある目論見が秘められていた。いかにも大谷らしいので、少々長いが、以下、学会を舞台にした実例を披露しよう。

学会側は「話す場をくれ」という唐突な大谷の希望に戸惑うが、忙しい大谷が来てくれるだけでもありがたいから、「NO」とは言えない。ただ、開幕から閉幕まで目いっぱい講演やシンポジウム、検討会などを詰め込むのでスケジュールに空きはない。

そこで「開催2日目か3日目の朝のセミナーの最初の一コマを差し上げましょう。関心を持った医師が来ますから」と大谷に返す。朝のセミナーの最初とは早朝も早朝、たいがい午前6時半開始だった。いくら医師に関心があったとしても、早すぎて参加者数は期待できない。

ところが大谷には「しめた。文句なし」だった。どこに勝算があるというのか。

パーティーでも存在感を発揮
パーティーでも存在感を発揮

目指すは酒宴

大谷が目を付けたのは学会のパーティーだった。どこの学会も開催期間はたいてい3日間で、初日か2日目の夜、ホテルの大広間などで酒宴を開く。全国から集まる医師たちの懇親の場だ。大谷は医師ではないが、ゲストなので招待される。招待されていなくても押し掛けた。

大谷は自分の骨髄移植や患者支援のボランティア活動を通じ、大勢の医師と知り合いだった。重鎮も多かった。パーティーにはそうした旧知の医師を見つけては、手にグラス、口元に愛嬌で片っ端から挨拶に行った。

骨髄移植を開発し、ノーベル賞を受賞した故エドワード・ドナル・トーマス博士(左)の受賞記念パーティーに招待された大谷さん(1990年、香港で)
骨髄移植を開発し、ノーベル賞を受賞した故エドワード・ドナル・トーマス博士(左)の受賞記念パーティーに招待された大谷さん(1990年、香港で)

「××先生。大谷です。その節はお世話になりました」

「やあ、大谷さん。お久しぶりです。相変わらずお元気そうで何より。まずは再会を祝して乾杯だ。あしたのシンポジウムの大谷さんの話も期待していますよ」

「ありがとうございます。私や患者に命があるのは先生のおかげ。みんなの恩人ですわ。では乾杯…」

「さあ、もう一杯」

どんどん杯を重ね、先生の気分も上がってきたところで、

「そうだ。実は私、シンポジウムとは別に、あすの早朝セミナーで『白血病患者の卵子保存』について話しますの。さあ先生、もう一杯どうぞ」

「おっとと、大谷さんにもお注ぎしなきゃ。ところで卵子保存というのは何ですか」

「女性患者が抗がん剤や放射線治療で生殖能力を失う前に自分の未受精卵を採取し、長期間、凍結保存しておくのです。骨髄移植を経てじゅうぶん健康を取り戻した後、その卵子で体外受精し、子どもをつくるためです」

「なるほど、大谷さんは骨髄バンクに続いて卵子バンクを作るつもりなのですな」

「わっ、先生、うまいことおっしゃる。さ、もう一杯。それで先生にもぜひ、そのセミナーに来てほしいのです。6時半からですけど」

トーマス博士のノーベル賞受賞記念パーティーのあと、滞在先のホテルに戻り、また一杯。
トーマス博士のノーベル賞受賞記念パーティーのあと、滞在先のホテルに戻り、また一杯。

「他ならぬ人の頼み」

朝の6時半と聞いて、相手は内心では「えっ、6時半! 早すぎるよ。参ったなあ」としかめっ面をするが、命の恩人と持ち上げられてはむげに断れない。大谷の筋書き通り「他ならぬ大谷さんの頼みだ。分かりました。必ず行きます」と承知する。

最後は「先生にいらしてもらえるなんて感激です。さあ、先生の今後のご活躍を祈って、最後にもう一度乾杯…。本当に今日はお会いできてよかった。お酒もおいしい。では、あすの朝6時半に」とだめ押しする。

アタック成功、一丁上がり。大谷は「乾杯作戦」をあちらこちらで仕掛けた。京都の祇園に誘い出され、深夜ふらふらになるまで飲んだ時もあった。その都度、セミナー参加の約束を取り付けた。

「これが患者の願いか」

もちろん、セミナーに義理で来てもらっただけでは意味がないが、改めて大谷から詳しい話を聞いた医師たちは「これが患者の願いと最新の生殖医療か。まったく知らなかった」と目から鱗が落ちる思いを抱いた。大谷の前で「医療が真剣に向き合うべき問題だ。すぐにでもやらなきゃいけない」と意を決した医師もいた。

大谷はいろいろな機会をとらえて作戦を敢行した。最初は1、2人だったシンパも次第に10人、20人と増えていった。

広い田んぼに苗を1本ずつ植えていくようなものだったが、正面から行っても門前払いばかりだったことを考えると、満足すべき戦果だったし、彼らは今日まで続く大谷の最も固い賛同者になった。

酒豪の母・巻枝さんと
酒豪の母・巻枝さんと

「骨髄に肝臓。母に感謝」

ところで、大谷も飲んだ翌朝早くに起床し、しかも演壇に立つのは、ずいぶんしんどいはずだが――。

本人がタネ明かししてくれた。「私、大病はしましたが、今も昔も肝機能は人一倍、いや5倍くらい優秀なんです。私の肝臓を調べたお医者さんが数値を見て驚いたくらいでしたから」

つまり無類の酒豪、酒好きということ。大谷に近い者は皆知っているが、今も昔もちょっとやそっとでは酔わないし、連夜の酒宴も平気でこなす。それでいて次の朝はどんなに早くてもけろっとしている。

「飲んで飲ませて約束させて。北折先生は一滴もお酒を飲みませんから、そこは私の出番でしたし、ちっとも苦じゃありませんでした。肝臓のおかげですね。骨髄だけじゃなくて、丈夫な肝臓を私に与えてくれた母に感謝しなくては。そういえば母も私以上の酒豪ですよ」

この時の大谷の笑い声が今回のインタビューでは一番大きかった。

敬称略

(全16回連載)

#11に続く

最初から読む(#1)