クラウドファンディング どりサポ®へはこちらをクリック

ノブ・ハヤシ、大谷貴子/白血病患者支援
「ママになる喜びを患者に」#2

無菌室で病魔と闘う大谷さん

元K-1ファイターで現役格闘家のノブ・ハヤシ(42)。かつて闘病のベッドから「日本にも骨髄バンクを」と叫び、実現への原動力となった大谷貴子(59)=全国骨髄バンク推進連絡協議会顧問。「どりサポ」でもおなじみの両者はともに骨髄移植で白血病を克服し、今はそれぞれの道で白血病患者を助けている。互いに尊敬しあう間柄だが、違いもある。ノブはわが子を抱く幸せを知り、大谷は知らない――。そんな2人が今度は同じ舞台に立ち、若い女性患者の妊娠支援に向かう決心をした。

(全16回連載)

「納得できません」

「先生。何でそうなるって事前に教えてくれなかったんですか。どうしても納得できません」

大谷貴子(現全国骨髄バンク推進連絡協議会顧問)はこの相手に会うたびに失望と怒りを吐き出した。1988年1月の骨髄移植から3年後、28歳のときのことだ。

のちに骨髄をもらうことになる母親の大谷巻枝さんと
のちに骨髄をもらうことになる母親の大谷巻枝さんと

大谷が言葉をぶつけた相手は、自分が入院した名古屋大学医学部附属病院血液内科医師の北折健次郎だった。白血病の急性転化であす尽きるかもしれない大谷の生命維持に務め、骨髄移植を実現させた主治医の一人だ。

まだ体調が落ち着いていたころの大谷さん
まだ体調が落ち着いていたころの大谷さん

「吐き気、高熱、孤独」

大谷は自分の母親と白血球の型(HLA)が一致し、移植への道が開けた。移植に先立ち、全身のがんを完全に死滅させるため、強い抗がん剤を投与された。

副作用は想像を絶する。絶え間ない吐き気と40度近い高熱に襲われ、寝るのも排尿もままならなくなった。髪の毛は全部抜けた。骨髄の状況を調べるため、『マルク(骨髄穿刺)』と呼ばれる注射を腰の骨に打ち込まれたが、局部麻酔していても激烈な痛みに襲われた。

無菌室で病魔と闘う大谷さん
無菌室で病魔と闘う大谷さん

身を置いたのはたった一人の無菌室。苦痛と孤独感に押しつぶされそうになった大谷を励まし続けたのも北折だった。

歌が好きな北折らしく、無菌室の外から大谷に向かって谷村新司の曲をメドレーで歌い上げ、飛んできた当直の看護師に「この夜更けに何事ですか」とたしなめられたりもした。こうした北折の献身もあって、大谷は新しい命を吹き込まれたのである。

ドナーから採取された骨髄液(資料写真)
ドナーから採取された骨髄液(資料写真)

「もう送りたくない」

北折は大谷が闘病中から身を投じた骨髄バンク設立運動の同志でもあった。

移植から7か月後の1988年8月、患者と家族、弁護士、サラリーマン、主婦ら市井の人たちが集まり、日本にはない骨髄バンクの設立と骨髄ドナー希望者10万人の獲得を目標に、「名古屋骨髄献血希望者を募る会」が産声を上げた。

名古屋大学病院を退院後、初めての誕生日を看護師さんたちにケーキをシャンパンで祝ってもらう。右から3人目が大谷さん。場所は病院近くに借りたマンション。それほど広くないこの畳の部屋が「名古屋骨髄献血希望者を募る会」発足時の事務局になる。
名古屋大学病院を退院後、初めての誕生日を看護師さんたちにケーキをシャンパンで祝ってもらう。右から3人目が大谷さん。場所は病院近くに借りたマンション。それほど広くないこの畳の部屋が「名古屋骨髄献血希望者を募る会」発足時の事務局になる。

大谷は発起人に名を連ねた。「もうこれ以上、患者仲間を天国に送りたくない。私ができることは何でもやる」の一心だった。彼女が名大病院近くに借りたマンションの一室が会の事務局になった。

名古屋は移植医療の先端地。少数だったが、北折ら移植医療に携わる医師たちも会に加わり、大きな責任を背負いこんだ大谷を勇気づけた。

「ドナーになります」

「募る会」の発足はマスコミも注目し、新聞が家庭に届いた早朝から「ドナーになります」と名乗り出る電話が事務局に相次いだ。大谷は孤軍奮闘、受話器を置く間もなかった。

アルバムを開いて闘病当時を振り返る大谷さん
アルバムを開いて闘病当時を振り返る大谷さん

相手の名前や住所、連絡先を書いたメモがどんどんたまっていった。ファクスも届いた。

大谷は骨髄移植で生還し、社会復帰も果たしたとはいえ、まだ体調万全とは言えなかった。ふとテーブルの上の山のようなメモを見て、「とてもすべてを整理する余力は私にはない。どうしよう」と途方に暮れた。

敬称略

(全16回連載)

#3に続く

最初から読む(#1)

▽プロフィール ノブ・ハヤシ

1978年4月徳島市出身。15歳から空手を学ぶ。高校卒業後の98年オランダに渡り、ピーター・アーツら世界トップレベルの格闘家を多数輩出したドージョーチャクリキに入門。国内プロデビューの99年、K-1ジャパングランプリで準優勝する。2000年7月のK-1仙台大会で故アンディ・フグと闘い、1回KO負け。翌月フグは白血病で急死し、同年暮れノブ・ハヤシも白血病発症を確認した。本名・林伸樹。

▽プロフィール 大谷貴子(おおたに・たかこ)

1961年6月大阪市生まれ。1986年12月、千葉大大学院在学中に白血病と診断され、1988年1月、名古屋大学医学部附属病院で母親からの骨髄移植を受ける。2005年7月、認定NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会第2代会長に就任(現在は顧問)。埼玉県加須市で夫と二人暮らし。本名・関口貴子。

取材協力:

全国骨髄バンク推進連絡協議会 https://www.marrow.or.jp/

ドージョーチャクリキ日本 http://www.chakuriki.jp/