クラウドファンディング どりサポ®へはこちらをクリック

ノブ・ハヤシ、大谷貴子/白血病患者支援
「ママになる喜びを患者に」#7

元K-1ファイターで現役格闘家のノブ・ハヤシ(42)。かつて闘病のベッドから「日本にも骨髄バンクを」と叫び、実現への原動力となった大谷貴子(59)=全国骨髄バンク推進連絡協議会顧問。「どりサポ」でもおなじみの両者はともに骨髄移植で白血病を克服し、今はそれぞれの道で白血病患者を助けている。互いに尊敬しあう間柄だが、違いもある。ノブはわが子を抱く幸せを知り、大谷は知らない――。そんな2人が今度は同じ舞台に立ち、若い女性患者の妊娠支援に向かう決心をした。

(全16回連載)

のちの人生も

再び場面を2001年2月、北折健次郎と大谷貴子が桑山正成を訪問した時に戻す。

女性白血病患者が放射線治療や抗がん剤治療で妊孕性を失う前に卵子(未受精卵)を採取し、「ガラス化」で長期保存すれば、やがて健康を取り戻した時に我が子を抱ける。

この方法に望みを託そうと考えた北折と大谷は、桑山に「患者が病魔から生還したのちの人生も救ってあげてください」と懇請した。

北折健次郎さん、大谷貴子さんとの出会いを語る桑山正成さん
北折健次郎さん、大谷貴子さんとの出会いを語る桑山正成さん

そんな使い道が

桑山は「ガラス化にそんな使い道があるとは」と驚き、声なき患者たちの願いを背負ってやってきた2人を見つめ直した。「なるほど、よくわかりました。私でできることは何でもやりましょう」と快諾した。

「本当ですか、桑山先生。ありがとうございます。多くの患者が希望を持てます」。北折と大谷は思わず笑顔と声を大きくした。

研究に余念がない桑山さん
研究に余念がない桑山さん

幸せのご褒美

この時の北折の言葉は本人の記憶をもとに再現したが、桑山が覚えている言葉は少々違う。

桑山は回想する。「かれこれ20年近くになりますが、北折先生たちと初めて会ったときのことはよく覚えています。北折先生は私に『頑張った白血病患者に幸せのご褒美をあげたい』とおっしゃった。私は『この医師は、苦しい闘病生活でも諦めずに耐え抜けば必ず未来が広がるんだよ、と患者に示したいのだな』と思いました。患者の真の幸せを考える姿勢に心打たれました。共感しました。『私の技術がご褒美になって生かされるのなら、こんな素晴らしいことはない』と、うれしくなったほどです」

患者支援のために奔走する大谷さん。年間300回を超える講演回数を誇る。
患者支援のために奔走する大谷さん。年間300回を超える講演回数を誇る。

こうして「患者の人生も助ける」の1点で3人に絆が生まれ、患者の卵子をガラス化法で長期冷凍保存するプロジェクトの実行に乗り出した。ただ、それは新たな苦難の始まりでもあった。

敬称略

(全16回連載)

#8に続く

最初から読む(#1)

取材協力:

写真提供 株式会社リプロライフ https://reprolife.jp/